2014.07.05 Saturday

リニア見学センターに行って来た。

0
    都留にあるリニア見学センターに行って来た。
    リニア実験棟に隣接している施設で、走行するリニアモーターカーを見る事が出来る。
    時速450kmで走るリニアを見て来た。
    空中に浮いているとはいえ、これほどのスピードだとやはり音は出る。しかし普通の新幹線よりはかなり静かな印象。
    列車内に積まれた超伝導コイルに電流を流し、線路側に設置された浮上用コイルと列車側のコイルのすれ違いによる電磁誘導を利用して浮力を得る仕組みだ。
    従って線路側の浮上用コイルには電流を供給する必要はない。
    しかし前に進むためにもう一つのコイルが線路側に用意されていて、これに電流を流しSとNを切り替えるようになっている。
    これで前に進む訳だ。
    車体を浮かす電磁誘導はスピードが速くなければ十分な浮力が確保できない。
    じゃあ、駅の発着はどうするんだ?と思ったが、そのときは実は車輪を使うのだ!
    知ってた?リニアには車輪が付いているって。。。

    列車に搭載する超伝導コイルの素材は高温超伝導素材(といっても通常の超伝導より16度ほど高いだけだが)。
    これが開発される前は液体ヘリウムを列車に搭載する必要があったが、高温超伝導が可能になってからは家庭用冷蔵庫と同じ原理のコンプレッサで超伝導を作る事ができるようになった。
    技術開発が世の中に役立つ分かりやすい例だ。

    浮いているということは電線が繋がっていないということだから、社内への電力供給は一体どうやっているのだろう?という疑問はあるのだが、無接点で電力供給しているんだろうな。

    リニア見学以外にもいくつかの展示物があり、その中でもリニア新幹線駅を中心にしたジオラマが秀逸。
    山梨の名物名所を散りばめて、在来線の電車も走る、中央道をトラックも走る、富士急ハイランドではスケートする人が滑る。
    八ヶ岳からはサンタクロースがソリで飛び立つ等々。
    子供向けのキッズスペースもあり、子連れで行っても楽しめる。

    開業まであと13年。少しワクワクする。

    写真は開発初期の液体ヘリウム冷却型超伝導コイル
    2014.06.30 Monday

    白州蒸留所見学

    0
      白州のサントリー蒸留所に行って来た。
      幼児連れでウィスキー工場の見学となってしまったが、周りは居心地の良い森なので良しとする。
      樽の貯蔵施設に入った途端ウィスキーの匂いが鼻腔に充満する。千鶴は始終鼻を押さえていた。
      試飲のときに案内係が「この白州と言うウィスキーを飲んだ事がある人はいますか」と聞くと、
      何人かの人が手を挙げた。それを見て千鶴も手を挙げたのにオレと妻は大笑い。
      車の運転をするオレは飲めないので気の進まない妻に勧めて飲ませたら、「うん、うまい」とのこと。
      ん〜。堪らない。が、我慢我慢。

      帰りは道の駅白州で妻は特産品を物色。
      千鶴とオレは外の水場でアマガエル探し。一匹見つけて千鶴は大喜び。

      家に帰り千鶴が寝入ってから、工場で買った白州12年ものをゆっくりと味わった。
      2014.06.26 Thursday

      登美の丘ワイナリー見学

      0
        妻の友人がシンガポールから遊びに来た。
        一日休みを取ってサントリーの登美の丘ワイナリーを訪れた。
        葡萄畑とワイン貯蔵庫を見学する。葡萄は小さな粒粒状態。ワイン貯蔵庫の中はひんやりとしていた。
        見学後はワインの試飲!だがオレはドライバー。千鶴と一緒にジュースで我慢。
        干し葡萄の大好きな千鶴は葡萄ジュースの入った紙コップをレストランまで離さなかった。





         
        2014.06.16 Monday

        ちょっと早いけどジャガイモ掘り

        0
          梅雨前の日照りで弱ったジャガイモがとうとう枯れてしまった。
          予定よりかなり早いジャガイモの収穫となった。
          小振りなジャガイモが十数個取れた。早速ふかして食べる。
          ホクホク、ハフハフ。満足満足。


           
          2014.06.15 Sunday

          韮崎中央公園でサッカーを見ながらランチ

          0
            同僚の娘さんがバレエの発表会に出るというので家族で韮崎まで見に行って来た。
            3歳くらいの小さな子から高校生までが出演していた。
            高校生ともなるとかなり見応えのある演技だった。
            千鶴はというと、それほど興味があるようでもなかったが1時間以上黙って膝の上に座っていた。

            発表会が始まる前はミニSLに乗りに韮崎中央公園に行った。
            サッカー場に付設されている公園で、ちょうど高校のサッカー大会が行われておりそれなりに賑わっていた。
            サッカー場が見渡せる木陰のベンチに座り、おにぎりランチを広げる。
            The best things in life are fee.人生で最も良いものはタダだ。



            2014.04.26 Saturday

            ピクニック@ドラゴンパーク、そしてフッ素塗布で嘔吐

            0
              朝から天気が良かったので昼飯はピクニックにすることにした。
              車で15分ほどのところにドラゴンパークという公園があり、そこでランチすることに。
              オレの突然の提案に妻は嫌な顔一つせずにおにぎりと焼きそばを作り、水筒に麦茶を入れてくれた。
              ドラゴンパークに行き見頃の八重桜の下にシートを敷き、さあランチだ。
              千鶴はタッパに入れた焼きそばを手とフォークで一心不乱に食べている。
              オレ達も焼きそばを食いおにぎりを食う。デザートは苺。
              その後シャボン玉(千鶴は「しゃぼんばば」と発音)を飛ばしたり遊具で遊んだりしてさて帰ろうかとしたら、
              携帯のリマインダがピピピと鳴った。
              すっかり忘れていたが、今日は歯医者で千鶴の歯にフッ素を塗る日ではないか。
              一時間遅れで歯医者に着き、フッ素を塗ってもらう。
              いつも通り泣き叫ぶ千鶴を押さえ込んでフッ素を塗る。ドロリとした白いものだ。
              何とか塗り終えて待合室に戻った途端千鶴が吐いた。
              フッ素を見た目でもかなりの量塗られたので気持ち悪くなったようだ。
              そういえば前もフッ素を塗った日に吐いたことがある。そのときは車酔いと思ったがフッ素のせいだったのだ。
              吐くとフッ素の効果がなくなるということで、今度はさらりとした水タイプのものを塗ってもらった。
              先ほどに増して抵抗したが何とか塗り終えた。
              その後家に帰るまで千鶴は無口で無気力状態だった。
              家に着いて水を一口飲ませたらまた吐いた。今度は昼に食べたものが全部出たようだ。
              全部吐いたらすっきりしたようで、生気を取り戻し、いつも通り元気に走り回るようになった。
              その後は普段通りに晩飯を食べ、そしてかなりの量の水を自分で飲んだ。
              寝る前の歯磨は先日保育園の一時保育に預けてからは絶叫しなくなっていたのだが、今日は以前に戻り大絶叫。。。

              千鶴にフッ素は合わないのかも知れない。

              2014.04.24 Thursday

              一時保育

              0
                妻が用事で近くの保育園の一時保育に千鶴を3時間預けた。
                迎えに行くと千鶴は神妙な表情で静かだ。
                「きしりとーる」と小さくつぶやきおやつをねだるが、その声はハスキーになっている。かなり泣いたようだ。
                妻によると今日は晩飯もちゃんと食べて、風呂で頭も素直に洗わせてくれ、歯磨きも泣き叫ぶ事なく磨かせてくれたと言う。
                いつもはかなり手こずっている妻だが、今日は楽だったとのこと。逆に拍子抜けしてしまった様子。
                泣きつかれたのだろう。歯を磨いた後はすぐに布団に入ったとのこと。しかしその後1時間ほど寝付かなかったという。
                母親から3時間離れるのはほぼ初めて。相当の経験だったようだ。
                 
                2014.04.20 Sunday

                ダンゴムシ

                0
                  図書館から借りて来た本の中に「ダンゴムシ」というものがあった。
                  リアルな写真や絵でダンゴムシの生態を子供向けに説明したものだ。
                  その中でオスとメスが交尾する絵があり、そこにくると千鶴はいつも「おすめすこびこびこび!」とテンションが高くなる(汗)。

                  近所の神社に行った。
                  妻によると動物番組「ダーウィンがきた」のキウィの影響で、神社では最近もっぱらミミズ探しをしているとのこと。
                  今日も落ち葉の多い境内の片隅で、木の枝でミミズ探索に余念がなかった。

                  ダンゴムシの本によると、ダンゴムシは落ち葉が好物で石の下の湿ったところにいるとの事。
                  試しに落ち葉に埋もれた石をひっくり返してみると、いたいた、ダンゴムシが何匹も。
                  木の枝でつついてみると、きちんと丸くなるではないか。
                  色の黒いのと茶色いのがいて、それぞれオスとメスだそうだ。どちらもつつくと丸くなる。
                  小さなダンゴムシは子供で、こちらもつつくと丸くなる。
                  オレが子供のときはつついても丸くならなかったが、あれはワラジムシというのだそうだ。そうだったのか。
                  千鶴は丸くなったダンゴムシを食い入るように見つめていた。

                  子育てしながら学ぶ事は多い。
                   
                  2014.04.16 Wednesday

                  歯磨きと寝かしつけ

                  0
                    千鶴の歯磨きと寝かしつけはずーっと大きな課題であった。

                    とにかく歯磨きをいやがる。
                    だから両腕を押さえつけて、泣きわめくのも構わず強制的に歯ブラシで磨くのだ。
                    これはもっぱら妻の役目で、かなりのストレスだ。
                    寝かしつけもこれまた大変。
                    放っておいても自分からは決して眠らない。
                    電灯を消すと大泣き、スタンドランプの明かりで絵本を読めとねだってくる。薄暗がりの中で何冊も本を読む。
                    そしてお気に入りのおもちゃを布団に入れて誘い込み、そこに一緒に入ってあやしてやるとようやく眠る。
                    これももっぱら妻の役目で、オレが寝かしつけようとすると「パパ離れる」とか「パパいらない」と言ってぐずる。

                    ところが最近少し変わって来た。
                    歯磨き時の泣き叫びは相変わらずだが、歯磨きが終わると「ねんね」と言って自分でスタンドランプの明かりを消して布団の中に入ってくるようになった。
                    おもちゃがないと泣くのは相変わらずだがあれば大丈夫で、すんなりと寝入ってくれる事が多くなって来た。
                    歯磨きも少しずつだが慣れて来たようで、近いうちに押さえつけなくても磨かせてくれるようになりそうな雰囲気だ。

                    言葉はすごい勢いで習得しつつあり、すでに身の回りのものはかなり覚えた。
                    皇帝ペンギン、イワトビペンギン、フンボルトペンギンを覚えた。
                    インドサイ、ハイラックス、カラカラ、キウィ、丹頂、セキセイインコ。。。
                    この辺りはNHKの「ダーウィンが来た」の影響が大きい。

                    分からないものに対しては「これは。。。」とか「なんだ?」「なんだろ?」と言って聞いて来る。
                    文字にも興味が出て来たようで、絵本の文字を指差して「なまえ」と言ったりする。
                    絵本の背表紙にかかれた題名をみて、お気に入りの本を本棚から引っ張り出して来る。

                    ちづるの面白い言い回し
                    しゃぼんだま 「しゃぼんばば」
                    ごはん    「ごかん」
                    いたずらっこ 「いずらだっこ」

                    物の名前の最後に「こん」をつけるのが気に入っているようだ。
                    歯医者に行くと大泣きするが、終わって出て来ると「ちづる、がんばった」と言う。

                    と言った具合で、とりとめもなくなったが千鶴は目下急速に成長中である。
                     
                    2013.10.08 Tuesday

                    千鶴がジャンプ

                    0
                      今朝、朝食後にベビーアインシュタインのCDをかけていたら千鶴が体を上下に揺らしながら踊り始めた。 この曲に来るといつも踊り出すのだと言う。モーツアルトのトルコ行進曲だ。 踊る様子を見ていたら一瞬だが小さくジャンプした。千鶴の初ジャンプだ。 妻とともに褒めちぎったのは言うまでもない。 千鶴はバッハよりモーツアルトが好きらしい。 先週末は2泊3日の格安パックで函館に行って夜景を見て来た。 函館に行くのは30年振り。 箱館山の山頂に向かうタクシーの中で、程よい揺れ心地に千鶴は眠ってしまった。 抱っこ紐に入れると目を覚ましたが、寝ぼけている。寝ぼけている千鶴に夜景を見せた。 千鶴よ、これが日本で最も美しいと言われている夜景なのだよ。 朝市でホタテを買い、ラッキーピエロのハンバーガーを食べ、教会を見て、温泉に入った。 しかし千鶴が最も喜んだのは市営の植物園にいたインコだった。
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM